待たせる身が辛い

躁鬱 首の皮一枚大学生 レズビアン

2018/12/5

朝のスタバはなかなか良い。

 

ああだめそうだ、最近文章を書く能力が無くなってしまった。周りの人すべてに嘘を吐いている。僕はせめてその嘘を完遂させなくてはならないのだが、自分自身すらもその嘘に呑まれて真実を見失いそうになる。

本当のこととは、なんだ。それも、僕の心の中のことについて。

最近吐いた嘘を挙げてみようか。まず今朝の特急券を取ったという嘘。それに従って一般車で来た。そもそも今日の講義に出る必要はもうない。その事は午後一緒に遊びに行く友人にも言っていない。単位を落とすから、という理由で小旅行を断ったからな。薄々勘付いてはいたが、僕は旅行が好きではないらしい。お金も無いしな。

Aにレズビアンだと明かした。これは間違っていない。Xの話に知識をもって共感していたら当事者だと思われてしまったかもしれないが、これは故意に吐いた嘘ではない。し、そうなったとしても丸っきり嘘にはならない。僕が吐いた嘘は、僕の自認は君への初恋から始まるという事を隠した事だ。いや言えないだろ。嘘に限らず隠し事も多い。君との友情を失いたくはない、本当だ。本当のことだなこれは。その頃の彼女の胸の内も聞いてこれはいよいよ墓場に持っていくしかないと決意を固めた。というか、普通に成仏しかかっている。まあそれは良い、僕のセクシャリティーについては嘘と秘密の塊だぞ。宝物庫だぞ。セクシャリティーと、持病が二大トップだな。双極性障害だと言葉に出して告げたのは二人か。一人にはきちんと受け取られているか分からないな。しかしこれも僕は疑っている。本当にこれ躁鬱なのか?皆こんなもんじゃないのか?誰でも心が全く虚ろになってしまう日があるだろう?

 

焦らなくていいと思う、と以前恋人に言われた。御冗談を、と思った。

君がいるから焦っているんだ。僕は僕一人なら自殺なんてしないだろう。君と生きていく以上、自分で立てないといけないんだ。見苦しくないようにしたい。全然頼らないんだねと君は言うけど、だって無理な話だ。頼りにしているとも。ただ、不安の預け先ではない。縋る神様ではない。人間を、ただの人間を神様にしてはいけない。

僕のことは僕自身がなんとかしなくてはならない。だが、きっと僕は引っ張り上げてもらえる手を希望している。そんな都合の良い夢を。

 

外の人通りが増えてきた。そういえば店内にも人が増えてきている。来週からは一本二本遅らせて特急券をちゃんと買おうな。

 

そうだ、講義に出てきたよという嘘を一番吐いているかもしれない。まあよく聞かれるからだが。僕は卒業する気がないのだろうか。大学の勉強に興味が持てなくなってしまったのかもしれない。だが、いや皆そんなものだろう?熱中しているわけでもない、まあ悪くはないか位の分野を適当にこなしているんだろう?じゃあ僕はどうしたことだろうな。大学に行かなくなったとして、これからどうする?とりあえず恋人の事は置いておいて、だ。その事を考えると僕はとにかく主流に媚びる事しか考えられなくなる。世間の奴隷になる。無理矢理やるしかなくなる。が、多分彼女自身はそれを望んでいなくて、いやしかし女二人社会で生きていくためには安定した収入が必要だし君のご家族の信用を得る為にはまともな職が必要だ。まともな。僕はまともじゃないんだけどさ。じゃあ駄目じゃねえか何もかもが……。そもそもまともじゃない僕を彼女はまだ知らない訳で、それで全てが終わりになる可能性もある。そうしたらどうしよう。破茶滅茶やって死のうな。大学を辞めたとして何をする当てもない。いよいよ首を吊るしかなくなる。逸脱。僕は来年からもっと孤独になるんだろう。僕のことを忘れないでいてくれるだろうか。これはもう仕方のないことなんだよ。

孤独が怖い。今ですらそうなのに。

 

うん?というような、最近どうしてるんだろうね?というような違和感や疑問が、蔑みと同情に変わるまでのカウントダウン。

僕は精神科通いの投薬治療中メンヘラなのです。憐れまれるだろうか。僕には共有されないものが沢山あるんだろう。一線引かれるんだろうな。だからどうしたというんだ、僕はこうでしかいられないんだぞ、という、開き直りが、出来たなら。

希望がない。

この先の展開に期待が持てない。僕の人生が良くなる兆しある?無いんだけど。単純に睡眠がどうとかではなく、生命力がない。やる気がないので何をやってもだめ。何をやってもどころか、何も始められない。ので、詰みです。時間割を組んで、それでどうなる?ハナから講義に出るつもりがないだろ。講義に出てもレポートを書く気がない。どうすんの?知るか。とても就労なんて出来そうにない。朝の電車に負けるから無理だ。無理。起きられないし乗り物酔いするし無理。なんだこれもう、生きててどうするんだ?何か良いことあるか?惨めったらしくなっていくだけだ。

 

眠りながらの自然死、これに尽きる。金も欲しいが、こちらの方が今の気分だ。

啄木のことを考えていたんだがこれは太宰だった。啄木はなんだったかな。

一年ばかりの間、いや、一月でも、
一週間でも、三日でもいい、
神よ、もしあるなら、ああ、神よ
私の願いはこれだけだ、どうか、
身体をどこか少しこわしてくれ、痛くても
かまわない、どうか病気さしてくれ!
ああ! どうか……

これか。そしてこの曲が好きだ。

【初音ミク】明治四十二年四月十日【オリジナル】 - ニコニコ動画

 

芥川も言っていなかったか。なんだっけか。

誰か僕の眠っているうちにそっと絞め殺してくれるものはないか?

ああそうか、歯車だ。

 

ビルに反射した太陽の光が眩しい。いつのまにか明るい。そろそろ大学へ向かっても良いんだが、まあフラペチーノ飲み終わってからにしようか。退廃を気取っておいて、僕はまあチェーンの喫茶店で朝から抹茶フラペチーノ飲んでる訳だ。空いた手ではまた。はあ。そんなものだろうか。